未分類

肌荒れと女性ホルモンの秘密

更新日:

なんだか最近、モヤモヤする。

昨日もイライラして思わず彼に冷たくしてしまい、あとで後悔。。

ひょっとして生理が近づいていませんか??

精神的な不安定さの他にも、足がむくんだりすることは、女性ならよくあることではないでしょうか。

肌の調子も悪くなり、ニキビが出来たりする人も少なくないのでは? 

その原因は、ホルモンバランスの乱れにあります。

女性特有のホルモンには「エストロゲン(卵胞ホルモン)」と「プロゲステロン(黄体ホルモン)」の2つがあり、生理周期とともにその分泌が変化して、体や肌の状態に影響しています。

この記事では、女性ホルモンと肌荒れの関係についてまとめました。

生理は毎月訪れるもの。

上手に付き合っていきたいですよね!

ホルモンバランスと肌荒れの関係

女性の体は、二つのホルモンに支配されています。
 
 

1.エストロゲン
生理が終わる頃から排卵前にかけて分泌が活発になるのがエストロゲン。
卵巣内で妊娠の準備を進め、着床しやすいように子宮内膜を厚くする働きがあります。
また、自律神経を活発にし、体調を整え、気持ちを安定させます。
血行が良くなり、真皮のコラーゲンを増加させ、肌にうるおいやハリが出てきます。
さらに骨にカルシウムを蓄える働きもあります。

 
 

2.プロゲステロン
生理前になると、プロゲステロンの分泌が活発になります。
妊娠に備えて体温を上昇させ、血管を拡張させて骨盤内に血液をためていきます。
その一方で全身の血行が悪くなり、血糖値も低下します。
精神的には抑うつ状態が出やすくなることもあります。
体に栄養や水分を蓄えて妊娠に備えようとするため、むくんだり、太ったりするのもこの時期ですね。
肌のバリア機能も低下気味で敏感になるので、肌に刺激を与えるのは避けたほうがよいでしょう。

 
 
にきびができたり、何か肌の調子が悪い時は、化粧品のせいでなく、自身のホルモンのバランスが悪いこともあります。

今一度、生理周期を見つめなおしてみると、肌の調子のリズムが分かります。

ホルモンバランスが崩れた時の過ごし方

生理が近づくと、ホルモンのバランスが崩れ、精神的にもブルーな気分になりますよね。
そんな時はアロマオイルを使い、リラックスしてみましょう。
 
 
アロマオイルの中には、女性ホルモンと似た働きをする成分を持つものがあるんです。
 
 
女性ホルモンのバランスを整える代表的なアロマ(精油)

◎クラリセージ
女性ホルモン(エストロゲン)と似た働きをするスクラレオールという成分が含まれています。
生理痛や生理不順、更年期障害など女性特有の症状の緩和に役立ちます。
気持ちを落ち着かせてくれる鎮静作用があり、ストレスを緩和し多幸感をもたらします。

※注意
妊娠中の使用は避けましょう。
車の運転など集中力を要する時は使用を避けましょう。

◎ ローズオットー
女性ホルモンバランスを調整し、子宮を強壮する作用があります。
女性特有の症状を緩和し、アンチエイジングなど美肌効果にも優れます。
精油の王様といわれ希少で高価ですが、昔から香水の原料に使われるなど女子力アップにオススメです。

※注意
妊娠初期の使用は避けましょう。
香りが強いので使用量に注意しましょう。

◎ ゼラニウム
ホルモンバランスを調整し女性特有の症状を緩和してくれます。
自律神経のバランスも調整するのでストレスによる不調にも効果的です。
体液のバランスを整え、余分な水分や老廃物を排出させるので、生理前~生理中のむくみ解消にも役立ちます。

◎ イランイラン
エストロゲンの分泌を高め、ホルモンバランスを調整し女性特有の症状を緩和します。
気分をリラックスさせ、不安、緊張、パニックなどの精神的な不調にも役立ちます。

※注意
香りが強いので使用量に注意しましょう。
敏感肌の方は、低濃度から使用しましょう。
 
 
ここに載せたアロマオイルだけでなく、もし自分にお気に入りの香りがあるならそれを使ってみてもよいと思います。

-未分類

Copyright© ビーグレン インスタ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.