未分類

りんごでにきびを撃退!

投稿日:

にきびに悩んでいる人は、食生活を見直してみるのも大事!

そこでおすすめなのが、りんごなんです。

りんごなら、近所のスーパーでも必ず売っているし、
毎日継続して、食べることもできます。

この記事では、美容に最強の果物りんごについて調べてみました。

リンゴはニキビに悩む女子の強い味方

リンゴには、ニキビに悩む女子を救ってくれる成分が含まれています。

りんごに含まれる主な成分の働き

1.カリウム
  むくみや血圧に関係ナトリウム(塩分)を排出してくれます。
2.ビタミンC
  抗酸化作用
  鉄分の吸収を促します。
3.食物繊維(水溶性、不溶性)
  腸内善玉菌(ビフィズス菌など)を大腸内で増やす作用
  血糖値の急激な上昇を抑える作用
  血中コレステロール値を下げる作用
4.りんごポリフェノール
  抗酸化作用
  血液中の脂質の酸化を防いでくれる
  悪玉コレステロール値を低下させる作用

美容に関係する主な成分が、りんごポリフェノール、ビタミンC、カリウムの3つ。

りんごポリフェノール
プロシアニジン、カテキン、エピカテキン、ケルセチン、クロロゲン酸、アントシアニンなど、多くのポリフェノールの総称。その中でも、プロシアニジンには特に抗酸化作用があります。
肌が酸化するのを防いでくれる。
活性酸素。ストレスや紫外線、喫煙などの外的要因や加齢によって、活性酸素分解酵素の減少が重なり、体内に活性酸素が蓄積されて酸化ストレスとなります」
酸化が進むと、活性酸素を消去しようとするメラニンが増えてシミをつくってしまったり、肌荒れ、くすみ、シワ、たるみを引き起こし、老化を早めます。
皮脂が過剰に分泌されると、分解されるときに遊離脂肪酸が発生します。遊離脂肪酸は皮膚にとって刺激物なのですが、それが酸化するとさらに刺激性を増し、皮膚に炎症を起こすそうです。
「炎症が激しくなると、皮膚の組織も酸化しやすくなり、さらにまた炎症が進み……という悪循環が生じてしまいます」
朝晩の正しい洗顔と、ビタミンの摂取、食生活や生活リズムの見直しなどで、過剰な皮脂分泌が起こらないようにしましょう。

ビタミンC
壊れやすいのでそのまま食べなければうまく摂取ができません。
りんごに入っているビタミンCは「酸化型ビタミンC」と言って、時間が経っても加熱してもビタミンCは破壊されにくく、しっかり摂取できます。

シミやくすみの原因となるメラニンを作らせないように働きかけ、活性酸素を分解して紫外線ダメージから皮膚細胞の遺伝子を守ってくれます。ニキビ跡などの色素沈着も緩和します。
毛穴は長期にわたる過剰な皮脂分泌や加齢によるたるみで開いてしまいます。ビタミンCが皮脂分泌を低下させ、毛穴周辺の皮膚の弾力を回復させることで、毛穴はどんどん小さくなります。

大人のニキビは、イライラなどのストレスによって活発化する〝男性ホルモン〟による過剰な皮脂分泌が原因です。ビタミンCはこうしたホルモンの増加を抑える効果があります。

コラーゲンの生成を促すことで、肌の弾力が回復。毛穴周辺の皮膚もハリも取り戻すため、毛穴はもちろんクレーターや頰のたるみも修復。ダイエットしなくても小顔効果を発揮!

紫外線など外的刺激に弱い肌は水分量が足りていません。ビタミンCは肌の中で常に理想的な水分量をコントロールするセラミド(細胞間脂質)の合成を促し、強化します。バリア機能・回復能力も高まり、夏でも健康的な肌をキープしてくれます。

カリウム
体内の余分な塩分を外に排出するサポートをします。塩分の過剰摂取は「むくみ」などの原因にもなり、美容の天敵となります。外食などで塩分の多い食事をした後は、カリウムを上手に摂りましょう。

リンゴは美容だけでなく、健康にもおすすめです。

調べてみると、ビタミンcの美容に対する効果が最強であることが分かりました!

ビーグレンがビタミンcにこだわる理由が分かったように思います。

またリンゴは、シャキシャキした歯ごたえも良いですよね!

食べていて、ストレス解消になるように思います。

リンゴの旬は冬ですが、上手に毎日取り入れたいですよね。

-未分類

Copyright© ビーグレン インスタ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.